読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政治

このところの高血圧、安倍政権の暴走が原因かと……

春先からめまいがしてならない。立っていられないほどひどくはないごく軽いものだが、それでも日ごとに頻度を増すものだから不安になった。というのも、昨年6月、旅先の旅館で朝大めまいに襲われ、救急車で搬送される騒ぎを起こしているからだ。 搬送先の病…

厄除けに寝床で落語を聴く

集団的自衛権の行使だの安保法制だのと「戦争する国づくり」へ猛進する安倍政権と、その政権の脅しにおびえて批判精神を失ったテレビ報道に、腹立たしさと苛立ちがつのる。それが日ごと昂じてきて、このところひどく寝付きが悪くなった。そればかりか、よう…

「国営放送」へと進むのか、変質するNHKの報道

集団的自衛権の行使容認問題で菅義偉官房長官へのインタビューを放映した7月3日放送のNHK「クローズアップ現代」が関心を集めている。火をつけたのは7月11日発売の週刊誌『フライデー』。同誌は「安倍官邸がNHKを "土下座" させた一部始終」の大…

この国はどこに向かおうとしているのか

年のどん詰まりにきて、また恐ろしげなことが起こった。政府が南スーダンに展開する韓国PKO部隊への弾薬提供を決めたのだ。 決定はすばやかった。菅官房長官は記者会見で、国連の要請があり、緊急性、人道性が高かった、と述べた。しかし、たとえ国連の要…

暗黒社会に戻すのか―世紀の悪法「秘密保護法案」

知れば知るほど恐ろしくなる「特定秘密保護法案」。安倍内閣はその意図をごまかしながら、今国会での成立に躍起となっている。いつもは政権に弱腰の大手メディアも、取材・報道への規制につながりかねないと危機感を募らせ、ここにきて批判を強めている。 法…

都議選―自民圧勝でも、自民と類似政党の議席は減

東京都議選の評価についてひとこと。 ほとんどのメディアが、ニュアンスに多少の違いはあっても、自民、公明の圧勝、民主の惨敗、共産、みんなの躍進というふうに報じている。しかも、自公と民主を対比させて、都政の勢力地図が大きく変わったかのように描い…