読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美術・工芸

「見捨てられたモノたち」を再生―中村学のオブジェ by Gallery noie (益子)

栃木県益子町の北部、林のなかにぽつんと一軒のギャラリーがある。noie (ノイエ)という。「の家」を意味するらしい。「の家」の前にはいろんな言葉(あるいは記号でもいい)が入りそうだ。「おれ」でもいい、「X」でもいい。オーナーがそう考えたかどうか知…

益子・成井窯の窯炊き

隣の成井窯で窯炊きが始まった。きのう(28日)の朝7時に火を入れて一昼夜半、やっと2房目の焼成に入った。きょう中に3房目まで焼成し終え、二昼夜おいて窯出しになる(らしい)。 きのうから手伝いの人が何人も来ていて、ほんとはこちらも手伝いたいと…

このところ忙しくて

大半はさもない用事なのだが、毎日がなんとなく忙しく過ぎていく。下手をすると3日もメールチェックをしないこともあって、気がついたら山のようにメールが届いているといった具合。といっても、これまたさもない、ネットショッピングをしてうっかり購読し…

土祭&成井恒雄展in益子

「土祭」と書いて「ひじさい」と読む。3年に一度の、9月の新月から満月にいたる期間、焼き物の町として知られる栃木県益子町で開かれる土にまつわる祭りだ。 歴史は浅い。第1回は2009年9月で、「窯業と農業の町として、足元の土を<命を循環させるす…

「成井恒雄展」in 松本 LABORATORIO

5月30日、31日、長野県松本市で「クラフトフェアまつもと」が開かれる。主催者のNPO法人松本クラフト推進協会によると、これには全国の陶芸、ガラス、木工、金属、染色などの作家、工芸家およそ一千人が応募、そこから選考された300人ほどの作品…

Myカップ展 in 仙台・秋保「木の家」のこと

Myカップ展~300cups collection~と銘うった展示会が、仙台市秋保の「木の家・秋保手しごと館」で開かれている。地元工芸作家を対象に毎年この時期に開かれている企画展で、今回は地元以外からも何人か参加、栃木県益子町で焼き物をつくっているわが娘(成…

旅の途中、秋田県増田町の内蔵を観る

9月半ば、所用で秋田県にかほ市に行ったおり、同県増田町(現横手市増田町)に立ち寄った。増田町はわたしの祖父母(正確には血縁のない祖父母だが)の出身地で、蔵のある町として知られる。町の中心部の七日町には、いまも多くの蔵が残っている。 とはいえ…

室生寺の仏たちに会いにいった

仙台市博物館で催されている「奈良・国宝 室生寺の仏たち」を観にいった。東日本大震災復興祈念特別展として企画されたこの展示会はもちろん東北地方初開催で、パンフレットには、この種の公開は仙台市博物館のみでおこなわれるとあった。もしそうなら、この…

「MASHIKO color 04 -回顧展- 成井恒雄 LIFE WORKS」開かれる

成井恒雄さんが亡くなって二年になる。その回顧展「MASHIKO color 04 -回顧展- 成井恒雄 LIFE WORKS」が、3月15日から東京中目黒のSML(下の地図を参照)で開かれる。東京で開かれるのは今回が初めてで、期間は3月23日まで。 成井恒雄さんについて…

「追悼 成井恒雄展」益子で開催

ことし最後になる「成井恒雄展」が、この12日から地元益子町のギャラリー緑陶里で開かれている。期間は12月1日まで。 個展は恒雄さんが亡くなってからすでに3回開かれていて、今回が4回目。その案内状に、長男の亙さんが「あいさつ」を載せている。 …

栃木市に、版画家・糸井哲夫さんを訪ねた

益子・円道寺窯の一時期について詳しく知る人がいる。そう聞いて、栃木県栃木市に住む版画家、糸井哲夫さんを訪ねた。 栃木市は江戸時代から宿場と舟運によって栄えた商都として知られる。その繁栄を物語る見世蔵や土蔵が、市内各所に数多く残っている。中心…

益子・円道寺窯の成り立ちと歩みを探って

栃木県益子町の伝説的な窯の一つである円道寺窯について、その成り立ちと歩みについて調べてほしいという依頼があった。9月のはじめから、そのための作業を進めている。 円道寺窯は、成井立歩、成井恒雄兄弟の祖父が同町城内の円道寺という地に窯を開いたの…

成井恒夫の今年三回目の「回顧展」が地元益子で開催

昨年3月に亡くなった成井恒夫さんの今年三度目になる「回顧展」が、きょう(28日)から地元栃木県益子町のMCAA6ギヤラリーで開かれている。期間は6月9日まで。 今「回顧展」では、小山市にある大日山美術館所蔵の作品も出品されるという。同美術館…

陶芸家、成井恒雄の「遺作展」「回顧展」が開かれる

陶芸家、成井恒雄さんの「遺作展」と「回顧展」が、3月30日から栃木県内の二つの会場で同時開催される。そのうち「遺作展」は小山市にある「たから園現代工芸」を会場にして4月7日まで、また「回顧展」は同じく小山市の「大日山美術館」を会場にして4…